おやぢのつぶやき(Twitterではありません)

アクセスカウンタ

zoom RSS 金城山登山

<<   作成日時 : 2017/09/22 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、前夜のお客さんを送り出してからの行動ということで、コースタイムの短い金城山に登ることにしました。 この山は南魚沼市の旧六日町と塩沢町の境にあり、周囲の2千メートル級の山々の展望台として人気が高いとのことです。
出発は9時過ぎとなり、途中で渡ろうとした橋が通行止めで迂回したり、道を間違えたりしたために、中川新田の登山口到着は10時半、登山開始は10時35分でした。南魚沼市のホームページによると、水無コースは危険なため、下山禁止とのことで、
こちらを上りとし、滝入コースを下山路とする周回コースとしました。上りはじめてしばらくは、どこが水無コースか、という感じの渡渉もある道でしたが、最後の沢を渡ってからは、きつい勾配がえんえん続く、ロープや鎖も出てくる危険な箇所もある道でした。9合目に着いたら、緩やかになり、きれいな避難小屋を経由して、巨岩の間をくぐるようにして、山頂に到着。さすがに出発がおそかったため、12時40分でした。今日は、そこそこ天気が良かったので、八海山や越後駒ヶ岳、巻機山の一角の割引(わりめき)岳、さらには眼下には収穫を待つ、南魚沼産コシヒカリの田んぼがきれいに見えました。展望を楽しみつつおにぎりを食べて、13時過ぎには下山にかかり、滝入コースをとりましたが、こちらも急坂でロープや鎖続出で気の抜けない道でしたが、何とか14時35分に登山口に到着し、帰途につきました。今回は天候には恵まれたものの、前回の荒沢岳に続いて、危険なところが多かったので、疲れました。やはり、少々きついのはともかく、危険なところが多い山はいやですね。
画像
最後の沢を渡ると急登の始まり
画像
イワハダに張り付く道を鎖を頼りに
画像
岩だらけの山頂
画像
山頂にて、バックは割引岳
画像
眼下にはコシヒカリの田んぼ
画像
登山道で見たまむし、あと1匹見ました
画像
名前のわからない滝

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金城山登山 おやぢのつぶやき(Twitterではありません)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる